アラサー女でもパパ活はできる?需要あるの?

アラサー女でもパパ活はできる?需要あるの?

実際のところ、パパ活を行っているのは、若い女子大生などが多いです。ただ、アラサーでもニーズがあるので、やってみたいと感じている30代の女性は、あきらめないようにしましょう。場合によってはセフレとして動くのも有効的な手段です。

割とニーズがあるので覚えておきましょう

もうアラサーと呼ばれる年代になってしまったと言って、パパ活をあきらめるのはまだ早いです。確かに女子大生が多いですが、セフレとしてならまだまだニーズがあるので、体の関係を構築しても良いならやってみても良いでしょう。むしろ、若い子よりも、テクニックがあるといった点では、アラサーの方が好まれる場合もあるため、自信があるならパパ活をしてみることをお勧めします。やり方に関しては、普通に若い女性が使っている、パパ活アプリなどを利用するのが1番簡単です。こちらがアラサーの場合、ニーズがあるのはかなり上の年代になるでしょう。極力年齢が高めの男性に注目し、ピックアップしていきたいところです。

体の関係ありきで考えることも重要

若い女子大生の場合は、肉体関係のない女子も多いです。若いと言うだけで、一緒に話ができるのが嬉しいと感じる人が多いでしょう。食事とドライブだけの関係など、パパ活にもいろいろあります。ただ、アラサーの場合、経験が何よりも1番の武器なので、お金持ちのパパをメロメロにするには、やはり体を使うのが1番早いです。セフレとして満足させることができれば、今後も太パパとして夢中になってくれるでしょう。もちろん、相手にパートナーがいたり、こちらも結婚したりしているなら、お互いにリスクが発生するので注意しておきたいところです。

しっかりと最初に交渉しておくことが大事

記事のイメージ画像

これは若い女子大生もやっている事ですが、アラサーの人も先にパパと条件の交渉をしておくべきだといえます。せっかくセフレとして成り立ったにもかかわらず、受け取ることができる金額に納得できないようでは話にならないでしょう。そうなることを未然に防ぐためにも、必ず出会う前に条件を明確にすることが重要です。セフレになれば、体の関係を持たない女子大生などより、はるかに稼ぐことができます。主婦の方などであれば、大いに生活が助かるので、多少のリスクを顧みずにやってみるのも良いでしょう。特に結婚していないならなおのこと、気軽にやってみるのが1番です。

まとめ

アラサーだからと言って、パパ活を諦めてしまうのはもったいないです。男性の年齢によってはまだニーズがあるということを覚えておきましょう。うまくアプリを活用し、リスク回避をしつつ、体で稼ぐのが1番早いです。セフレになってしまえば、若い女子大生などよりも、かなり稼げるようになります。

比較ページへのリンク画像